FC2ブログ

今日も難しいマーケット 

2009.03.30 月曜日のNASDAQ

先週は所要のため木、金曜日と休んだため久しぶりのトレード。

ESRX SBP 43.07 Short 43.20 Cutloss -0.13
ESRX SBP 43.41 Short 43.09 Cover +0.32

ESRX 1min
20090330-esrx.png

NasdaqE-mini100 1min
20090330-e-mini100.png

先物指数が安値更新、ESRXもギャップのエッジを割って安値更新したためショート
エントリー。

直ぐに反発してきたためカットロス。


2回目、先物指数がダウントレンドラインにぶつかって下げ安値更新と、ESRXがサポ
ートラインを割ってくるタイミングを合わせてショートエントリー。

先物指数のダウントレンド崩壊とESRXのギャップのエッジからの反転で脱出。


今日はショートサイド銘柄が4銘柄しか無く、トレンドもハッキリしないものばかりで、
私には難しいマーケットであったため30分で終了。


スポンサーサイト

分かっちゃーいるが・・・ 

2009.03.25 水曜日のNASDAQ

JOYG 24.10 Long 23.94 Cutloss -0.16

JOYG 1min
20090325-joyg.png

ギャップも抜いてなければ、高値抜けでもなく、いったい、どんなトレード手法で、何がやり
たかったんだろうと、思わず自分に突っ込みたくなるデタラメトレードになってしまった。

分かっちゃーいるが、時々やってしまう。



COST RBP 46.99 Long 47.38 Cover +0.39

COST 1min&Daily
20090325-COST.png

NasdaqE-mini100 1min
20090325-e-mini100.png


今度は慎重にトレード。

ダウントレンドラインが崩壊して上げて行くところをロングエントリーで狙う。

COSTはダブルボトムを打ち9:30に一度トレンドラインをブレイクしたが、先物指数がまだ
トレンドラインをブレイクしていなかったため様子見。バカなトレードはもうコリゴリ(笑)

先物指数がダウントレンドラインをブレイク、COSTが直近の高値を抜けるタイミングと合わ
せてロングエントリー。

上ヒゲを付けて下げてきたところで脱出。






お休み 

2009.03.24 火曜日のNASDAQ

体調不良のためお休みでした。

今日は体調も回復したため今から参戦です。

あと、6分でナスダックマーケットオープン!




ブレブレ、難しーい 

2009.03.23 月曜日のNASDAQ

RIMM HiBP 43.08 Long 43.14 Cover +0.06
RIMM HiBP 43.29 Long 43.56 Cover +0.27

RIMM 1min
20090323-rimm.png

NasdaqE-mini100 1min
20090323-e-mini100.png

今日のマーケットは先物指数、RIMM共に上ヒゲ下ヒゲを付けまくりブレブレで、私には
とても難しい展開となってしまった。

こんな日は、よせば良いのにRIMMがダブルボトムを打ったため監視。、ブレイクを待つも
先物指数は以前ダウントレンド。

RIMMが『呑込みブル』の後ギャップアップしたため、先物指数無視でロングエントリー。

ダウントレンドラインを先物指数がブレイクしていく時に上ヒゲを付けたため、トレンドライン
に跳ね返されたと思い、RIMM脱出。


2回目は先物指数も完全にトレンドラインをブレイクしていたため、RIMMが高値を抜けたと
ころでエントリー。

あとはルール通りに脱出。


今日みたいな『ブレ』の大きい苦手なマーケットは、個別銘柄、先物指数共にトレンドが
はっきりするまで様子を見るのが精神的には良いみたい。

ハーッ、疲れた・・。



AAPLに泣く 

2009.03.20 金曜日のNASDAQ

AAPL1 HiBP 102.54 Long 102.30 Cutloss -0.24
AAPL2 HiBP 102.70 Long 102.98 Cover +0.28

AAPL 1min
20090320-aapl1.png

1回目、高値抜けでロングエントリー。直後激下げカットロス。

2回目、ダウントレンドラインブレイクを見逃してしまったため、仕方がなく高値を抜く
ところでエントリー。

若干下げるが、カットロスラインには達しないし、サポートラインも割ってこないため
ホールド。

その後、陽線が続き上ヒゲ後の下げで脱出。


AAPL3 RBP 102.70 Long 102.45 Cutloss -0.25
AAPL4 RBP 102.50 Long 102.35 Cutloss -0.15

AAPL 1min
20090320-aapl2.png

3回目、20MA(緑)で反転し、ダウントレンドラインを超えてきたため、今度は早めに
ロングエントリー。

ブレイクに失敗して下げてカットロス。

カットロスが遅くなってしまった、少なくとも2本目の陰線が見えたところでカットすべき
であった。


4回目、3分足での20MA(茶)で反転して、ダウントレンドラインを超えてきたため、懲りず
にロングエントリー。

またも、ブレイクアウトに失敗してあえなくカットロス。
こちらも、遅いカットとなってしまった。

今日は4戦1勝3敗で惨敗。



今日も勝ち! 

2009.03.19 木曜日のNASDAQ

SIAL HiBP 36.42 Long 36.65 Cover +0.23

SIAL 1min&Daily
20090319-sial.png

NasdaqE-mini100 1min
20090319-e-mini100.png

先物指数のダウントレンドライン崩壊と同時にSIALが高値ブレイクしたためロングエン
トリー。

すぐに先物指数がギャップの下のエッジで跳ね返されるが、SIALは無事に上昇。

フィボナッチリトレースメントライン(緑)で跳ね返され下げてくるが、ついつい「欲」が出
てしまい脱出が遅れてしまった。



RIMM RBP 42.16 Long 42.70 Cover +0.54

RIMM 1min&Daily
20090319-rimm.png


NasdaqE-mini100 1min
20090319-e-mini100-2.png

先物指数がダブルボトムを打ってダウントレンドラインをブレイク、1分待ってRIMMが
ギャップを抜けてきたところでロングエントリー。

陽線が続いた後に下げ始めたため脱出。
先物指数の位置が悪いときは、どちらへ動くか分からないため長居は禁物。


しかし、この急な円高は何ナノかな。





日本株に挑戦してみました その3 

2009.03.19 木曜日の東京マーケット

今日は仕事が休みだったため、東京マーケットに挑戦! その3
もちろん『つもり売買』だけど

結果は5戦4勝1敗

500万円の資金で、信用取引を使い1500万円まで取引できると仮定して売買
してみました。2000株で4,5銘柄くらいのトレードが限界。

20090319-t1-9984.png
9984 ソフトバンク 1216 Long 1207 Cutloss -9ティック  -18000
9984 ソフトバンク 1203 Long 1214 Cover +11ティック +22000

1回目のカットロスが遅れ損失拡大。


20090319-t2-8308.png
8308 りそなHLDGS 1545 Long 1555 Cover +10ティック +20000

陽線が4本続いた後、動きが悪くなったため脱出。思ったより渋かった。



20090319-t3-8801.png
8801 三井不動産 1126 Long 1129 Cover +3ティック  +6000

これも上がらず、即行で脱出。



20090319-t4-7741.png
7741 HOYA 1920 Long 1937 Cover +17ティック  +34000

ダウントレンドライン崩壊でロングエントリー。
フィボナッチリトレースメントラインの0.382で上ヒゲを付けて下げてきたため脱出。

トータルで32ティック、全て2000株でのトレードで64000円、安い手数料のところで
トレードしたとしたら幾らの利益になるのかな?








たまには、快勝。 

2009.03.17 火曜日のNASDAQ

RIMM GBP 39.07 Long 39.54 Cover +0.47

RIMM 1min
20090317-rimm.png

NasdaqE-mini100 1min
20090317-e-mini100.png


先物指数がギャップを抜ける時、RIMMがレジスタンスラインをブレイクしたため、ロング
エントリー。

頭打ちの上ヒゲのあと下げ始めたので脱出。



FWLT GBP 17.71 Long 18.10 Cover +.039

FWLT 1min
20090317-fwlt.png

NasdaqE-mini100 1min
20090317-e-mini100-2.png

先物指数は完全にギャップ抜け上昇、FWLTはダブルボトムを打って上げてきたため、
ロングエントリー。

ナガーイ上ヒゲを付けて下げてきたので脱出。






おめでたい 

2009.03.16 月曜日のNASDAQ

CHRW HiBP 43.59 Long 43.40 Cutloss -0.19

CHRW 1min
20090316-chrw.png

NasdaqE-mini100 1min
20090316-e-mini100.png


先物指数はギップアップ、リバーサルで下げていくが、個別銘柄でショート出来る物が
見つからない。こんな日はパスすれば良いものを強引にトレード。

時先物指数がサポートを切って下落という絶好のショートチャンスになんとCHRWを高値
抜きでロングエントリー。

上手く上ヒゲを掴み、その後サポートを切って下落、カットロスというお決まりコース。


個別銘柄のみ見てのトレードを、何度も何度も繰返すというのは、まつたく「おめでたい」
としか言いようが無い。

何時になったら、もっとマシなトレードが出来るようになるのだろうか?ハーッ。



うーん...。 

2009.03.13 金曜日のNASDAQ

まずは、いきなり言い訳から。(笑)

今日は先物指数がギャップの間を行ったり、来たりのマーケットで振り回され
全くダメダメ。

NasdaqE-mini100 1min
20090313-e-mini100.png

FWLT 18.84 Long 18.71 Cutloss -0.13

FWLT1min
20090313-fwlt.png

FWLTは日足チャートの20MAをブレイクして始まったので、いきなりロングエントリー。
しかし先物指数はギャップダウンで下げていくから、FWLTも上がらずカットロス。

その後、先物指数が反転するとFWLTもレジスタンスラインをブレイクして上昇。
やはり、先物指数の動きには合わせないとマズイという結果に。


TROW 25.81 Long 26.06 Cover +0.25

TROW 1min
20090313-trow.png

先物指数が反転してTROWもレジスタンスラインをブレイクしたため、ロングエントリー。
ルール通り、上ヒゲが出て下げ始めたところで脱出。

今日は?、いや今日も難しかった。特に最初の30分は先物指数に方向性が無いから、
狙いが定まらず。

しかし、今日は下げている時に一切ショートサイド銘柄をチェックしなかった、自分の頭の
中では上げると思い込んでいたみたい。これが、いけない!!

思い込みを排除して月曜日からのマーケットに備えよう。







日本株に挑戦してみました その2 

2009.03.13 金曜日の東京マーケット

本日は仕事が休みだったため、東京マーケットに挑戦! その2
といっても、『つもり売買』だけど...(笑)

今日の日経平均はギャップアップでのオープン。

狙いはロングサイド、だけどネットストックハイスピードの使い方がイマイチ分からず、
たまたま見つけたソニー(6758)をトレードすることに。

ソニーは日足チャートはアップトレンドで、かつ直近の高値をブレイクというチャートパ
ターン的にはOK。日経平均もギャップアップだし、これはいけるでしよという感じ。

ソニー Daily
20090313-t1.png

ソニー 1839 Long 1842 Cover +3円  2000株で+6000円

一回目、ギャップをブレイクアウト出来ず、その後下げダウントレンドが崩壊したところで、
ギャップエッジ1850円まで狙いでロングエントリー。

直ぐに下げ始め脱出。

20090313-t2.png


ソニー 1852 Long 1868 Cover +16円   2000株で+32000円

2回目、午後も朝と同じ1850円で始まりギャップの下へ下げないのを確認して、3分後
にロングエントリー。

その後わずかに下げるが、ギャップのエッジがサポートとなってそれ以上下げないため
ホールド。9MA割れで脱出

20090313-t3.png


ソニー 1873 Long 1887 Cover +14円   2000株で+28000円

3回目、レジスタンスラインブレイクでロングエントリー、9MA割れで脱出。

20090313-t4.png

『つもり売買』というお気楽トレードはストレスもなく冷静な判断とルールに沿った
トレードが可能のようだ。

今日のナスダックマーケットでも冷静な判断とルールを守ったトレードが出来るよう
ガンバロウ。 あと9分でナスダックマーケットオープン。









裏目、ウラメ、うらめ 

2009.03.11 水曜日のNASDAQ

AAPL HiBP 90.84 Long 91.33 Cover +0.49
AAPL HiBP 91.68 Long 91.83 Cover +0.15

AAPL 1min
20090311-aapl1.png

NasdaqE-mini100 1min
20090311-e-mini100.png

先物指数が反転上昇したので、直近の高値抜けでAAPLをロングエントリー。

しかし、先物指数は上値が重いようで上がらない、ギャップを抜けられず反転してくるの
ではないかと考えて、動きが悪くなり下げ始めたところで脱出。

直後、先物指数は直近のレジスタンスラインをブレイク、AAPLもレジスタンスラインを抜い
てきたので再度ロングエントリー。

1回目は直ぐに脱出してしまったので、今度は9MAを切るまでホールドすることにしたが、
わずかに上げただけで直ぐに9MAを切ってしまい脱出。



AAPL RBP 92.11 Long 92.14 Cover +0.03

AAPL 1min
20090311-aapl2.png

NasdaqE-mini100 1min
20090311-e-mini100-2.png

3度目はプルバックの後、レジスタンスブレイクでロングエントリーするも、先物指数は
直近の高値がレジスタンスとなり、そこを超えることが出来なかったため即行脱出。

今日は、やること全てが裏目、裏目となり意気消沈。






トレードしないつもりが.. 

2009.03.10 火曜日のNASDAQ

QCOM RBP 34.53 Long 34.74 Cover +0.21

QCOM 1min
20090310-qcom.png

NasdaqE-mini100 1min
20090310-e-mini100.png


今日は疲れていたので、トレードは休むと宣言して早めに寝るも目が覚めてしまった。
そこで、マーケットを見てみると先物指数が非常に強いロングサイドデーであった。

ロングサイド銘柄、ショートサイド銘柄にかかわらず、上昇していることを示す緑の文字
ばかり。

トレードしないつもりが..

個別銘柄をいろいろチェックしていたら、レンジアベレージに達していなく、プルバッツク
中のQCOMを発見、注視。

ダウントレンドが崩壊してレジスタンスラインをブレイクしてきたが、先物指数はまだダウ
ントレンドラインをブレイクしてこなかったためブレイクを待つことに。

1分遅れで先物指数がブレイクしてきたためロングエントリー。

その後、一時的に下げるも、レジスタンスラインがサポートラインに変わり、そこより下へは
下げなかったためホールド。

9MAを切るまでホールドしようとしたけど、そこそこの利益になったのと、レンジアベレージ
に近くなってきたので陰線が2本続いたところで脱出。

今日はオープニングから分かりやすいマーケットであったみたいたけど、最初から参加して
いても勝てる保障は無いだろうから、美味しいところを逃したと言え利益が出ただけマシか。





やられた 

2009.03.09 月曜日のNASDAQ

CME HiBP 182.50 Long 181.28 Cutloss -1.22

CME 1min
20090309-cme.png

NasdaqE-mini100 1min
20090309-e-mini100.png


CMEがギャップを抜けてくるところで、ロングエントリー。
しかし、直ぐ頭打ちとなりサポートラインを切ったためカットロス。

後で見直してみると。先物指数はギャップを抜けていないばかりか、CMEの日足
チャートはトレンドが無く、更に株価は20MA(緑線)の下であった。

本来は見送るべきものを、個別銘柄のCMEの1分チャートのみを見てトレードして
しまい負けて当然。

「木を見て、森を見ず」といったトレードをまたしてもやってしまいました。反省..ガクッ↓




日本株に挑戦してみました 

2009.03.09 月曜日の東京マーケット

本日は仕事が休みだったため、東京マーケットに挑戦!
といっても、口座は開設してあるものの、入金をしてないため、『つもり売買』。

だから、お気楽モードでトレードをしてみました。

しかし、トレードルールはナスダック市場のトレードと同じで、主にサポート、レジスタンス
ブレイクでエントリーして9MAもしくはトレンドラインブレイクで脱出というルール。

狙ったのはソフトバンク(9984)、日足チャートではベアフラッグになっており、直近のギャプ
(窓)がレジスタンスになっているようで上値が重い展開に見えたから。

ギャプアップオープニングで上げて行くが上昇トレンドラインをブレイクしたところでショートエ
ントリー(と言っても、つもり売買だけど)。

指数はと言うと、実は全く見ていない。というか松井証券のネットストックハイスピードでマー
ケットを見ていたのだけど、指数の表示方法が分からなかった、だから見てないじゃなくて
厳密には「見れない」という状況。(笑)

直ぐに上げはじめ、サポートラインがレジスタンスラインになり、そこをブレイクしたらカットロス
でも良いかもしれないが、ここは厳しく9MAを抜けたところでカットロス。

9984 ソフトバンク 1216 Short 1218 Cotloss -2ティク 2000株換算でマイナス4000円

20090309-9984-1.png

2度目は、直近の安値と今日の安値とを結ぶトレンドラインを引き、そこをブレイクしてきた
ところでショートエントリー。

9MAを抜けたところで脱出。

9984 ソフトバンク 1215 Short 1211 Cover +4ティク  2000株換算でプラス8000円

20090309-9984-2.png

3度目も短期のサポートラインをブレイクダウンしたところで、ショートエントリー。
ダウントレンドラインと9MAをブレイクしたため脱出。

9984 ソフトバンク 1215 Short 1201 Cover +14ティク  2000株換算でプラス28000円

20090309-9984-3.png

3トレードでプラス32000円 手数料を松井証券で見てみると8000円位だったから、24000円
前後の利益になるのかな。

手数料は安いところを探せば、もっと利益率は何とかなりそうだけど、何よりレジスタンス、サ
ポートラインブレイクのシンプルなトレード手法は日米問わずに使えそう。

話す言葉、目の色、住む地域などが違っても、人間の欲と恐怖に対する感情には大差は全く
無く、やはりと言うか、当然と言うかパニックが起こりそうなところでのトレードは有効であるとい
うことが良く分かった。

まぁー今日は、『つもり売買』だったから、精神的に余裕があったことが、最大の勝因かー。


マーケット展望予想? 

2009.03.08 ナスダック市場展望予想?


2009.02.25にナスダック市場展望予想として

>下にはサポートとなる上昇する短期トレンドラインがあるが、このサポートラインを
>切ったら直近の安値までは下げる可能性が大きい。


とも書いたが、あっさりとサポートラインを切ってしまい上昇願望をよそに悪い方に動いてしまった。

20090308-1.png

幸いに直近の安値がサポートとして機能して、金曜日には下ヒゲを付けて終了し、売りが一巡
したようで、そこからの反発に期待したい。

デイトレーダーに限らず、トレーダーはトレンドが明確で値動きさえあれば、上げようが下げよう
がトレードで利益を出すことが出来のであろうが、私はショートエントリーが苦手。

まぁー、ショートエントリーに限らずロングエントリーもなかなか上手く行かないが、特にショート
エントリーは、だめだめ。

てぇな訳で、今週は反発上昇になりますように。(祈)

これじや予想になってないかー。(笑)

もし、サポートをまたしても切ってしまったら、2002、2003の安値まで下げてしまう可能性も
大きくなってきたのかな。

米国の口座にドルで預けている私としては、ドルが強くなり、円安、ドル高になってほしいも
のだ。

20090308-2.png










こんなトレード手法も...。 

2009.03.06 金曜日のNASDAQ

BIDU GBP 152.75 Long 155.26 Cover +2.51

BIBU 1min&Daily
20090306-bidu.png

またまた寝てしまい、起きたのは始まって2時間後。

既に殆どの銘柄は動いた後で、旨味のある銘柄は皆無。
ショートサイドで『一時的なブレ』により上げている銘柄も無い状態。

そこで、日足チャートでアップトレンドの銘柄から『一時的なブレ』により下げているものを
探し、かつ、レンジアベレージを超えて下げているものをピックアップ。

複数銘柄でエントリーした方が、リスク分散になり良いのだろうけど、先物指数の日足チャ
ートがダウントレンドの状態でロングエントリーをするという作戦のため、複数銘柄でも全滅
ということも大いにあり得る、そこでリスク限定の単発でのトレードをすることに。

BIDU NFLX ORLYの3銘柄の候補から一番日足チャートの形が良さそうであったBIDUを
選択。

BIDUはレンジアベレージ(下の青線)以上下げた後、ダウントレンドラインをブレイクしてき
たためロングエントリー。

このトレード手法は、1日に動く平均的値幅以上下げたのであるから下げ代は無く、もうこ
れ以上は下げないだろうということが前提になっている手法。

しかし前述したように、今は先物指数の日足チャートはダウントレンド、つまりショートサイド。
だから、レンジアベレージ以上に更に下げる可能性は大きいためカットロスは確実に行わ
ないと痛い目を見る事になってしまう。

そこで、コンディショナルオーダーといって、指定した時間やカットロスラインに到達したら自動的
に反対売買をしてくれるという機能を使って後は寝るだけ。(笑)

朝、起きてみたらしっかり利益が出ていたので、やれやれ。





最初は手堅く取る 

2009.03.05 木曜日のNASDAQ

QCOM HiBP 34.85 Long 35.05 Cover +0.20

QCOM 1min
20090305-qcom.png

Nasdaq E-mini100 1min
20090305-e-mini100.png

QCOMがギャップを抜けて上げてきた時に、先物指数はまだ始値を抜けておらず
始値の真上にもレジスタンスラインがあったため、そこで反転する可能性もあるの
で完全に抜けるまで待つことに。

先物は抜けたところで一瞬下げるが、下ヒゲを出して上昇し始めたため、QCOMを
ロングエントリー。

2分後にいきなり下げるが、一瞬のことで何も出来ずにいたら、ながーい下ヒゲとなって
上げていったので一安心。

先物指数がギャップを完全に抜けることが出来ず、サポートラインも割ってきたところで
脱出。

その後QCOMは9Mに沿って更に上げるが、それは結果論であって脱出後にトレンドが
無くなり、どちらに動くか分からない先物指数を見ながらホールドするのはとてもストレス
を感じ無理であったと思う。

先物指数の日足チャートも良くない、こんな時は特に最初のトレードという事もあり、利益
が出たらとりあえずは手堅く取って、次のトレードに目を向けたほうが賢明。

で、次を探すも先物指数もパッとせず、良いものを見つける事が出来なかったため終了。





1勝1敗 

2009.03.04 水曜日のNASDAQ

BIDU RBP 156.09 Long 155.28 Cutloss -0.81

BIDU 1min
20090304-bidu.png

今日はかなり遅れての参戦であったため、殆ど旨味が無い銘柄ばかり。

こんな日は見送れば良いものの、ついついトレードしたくなり、BIDUをながーいプルバック
の後、レジスタンスブレイクでエントリー。

すぐに20MAで頭打ちとなり、あっさりサポートラインを切ってしまいカットロス。

最初のトレードでロスを出し精神的に非常に苦しくなり、慎重に銘柄を探していた時に見つ
けたのがAMZN。



AMZN RBP 63.12 Long 63.99 Cover +0.87

AMZN 1min
20090304-amzn.png

ながーいダウントレンドが崩壊したところでエントリー。

日足チャートがあまり良くなく、63.40付近にレジスタンスになるであろう20MAが走ってい
たため、そこで頭打ちとなったら脱出しようと考えていたが、少しもみ合うも無事に上昇。

上ヒゲをつけて下げ始めたため脱出。




ぐねぐねマーケット 

2009.03.03 火曜日のNASDAQ

AMZN RBP 62.08 Long 62.40 Cover +0.32

AMZN 1min
20090303-amzn.png

Nasdaq E-mini100 1min
20090303-e-mini100.png


先物指数が先に短期トレンドラインをブレイク、遅れてトレンドラインをブレイクしたAMZNを
ロングエントリー。

先物指数がギャップを完全にブレイク出来ず下げてきたので、AMZNもカバーの注文を出
すも相当下げたところで約定。

いつもは欲をだして脱出が遅くなってしまうけど、今日は大きなスリッページを喰らったのが
原因であった。

その後、AMZNの2発目を逃してしまいヤル気モードやや喪失。

先物指数もチャネル内をぐねぐねしながらギャップを切って下げていくという難しい展開とな
り、同じ動きをする銘柄を見つけることが出来なかったから、ヤル気モード完全喪失。

という訳でお開き。

20090303-e-mini1002.png




なんとか挽回 

2009.03.02 月曜日のNASDAQ

DLTR PBP 39.48 Long 39.27 Cutloss -0.21

DLTR 1min
20090302-dltr.png

Nasdaq E-mini100 1min
20090302-e-mini100.png

先物指数がギャップを抜けると同時に、DLTRもプルバックからレジスタンスを抜けて
きたためロングエントリー。

直後に急落。あまりの速さと、損失額がいきなり許容範囲を超えてしまったため、思わず
固まってしまいサポートラインを切っても直ぐにカットロス出来ず、脱出が遅れてしまった。


しかし、気持ちを入替えトレード再開。

FWLT LoBP 14.01 Short 13.80 Cover +0.21

FWLT 1min
20090302-fwlt.png

プルバックのあとサポートを切るところでエントリーするも移動平均線からかなり離れたところ
での遅いエントリーとなってしまった。

その後、少し揉み合い一瞬トレンドラインと9MAを抜けるも、完全にローソク足の本体が抜け
なかったためホールド。(汗)

順調に下げ、最初のトレードでのマイナス分はチャラ。トータルでは手数料を考慮してもプラス
になったし、先物指数がギャップの中をうろうろと動き方向性が分からなかったため長居をす
ること無く通常ルールで脱出。

最初のトレードでマイナス0.21、2回目のトレードでプラス0.21じゃぁ、プラマイゼロではないの
かという疑問が出てきそうですが、株価によってトレードする株数が違うのです。

例えば、
    DLTR 株価約40ドルだから1000株トレードしたとして
             1000株×-0.21=210ドル+30ドル(手数料)=240ドルの損失額。

    FWLT 株価約14ドルでDLTRの半分以下だから2000株トレード出来たとしたら
             2000株×+0.21=420ドル-30(手数料)=390ドルの利益。

といった感じになりますが、本当の株数は内緒にさせて下さい。(笑)








猛特訓 

2009.0302 月曜日

猛特訓といっても、私のトレード技術を向上させるための特訓ではなくて、
娘が補助輪無しでも自転車に乗ることが出来るようにという特訓。

先週と今週の日曜日の2回、公園で練習。

自転車を支えて後ろを押す私が先に疲れてしまい何度も休憩を挟みながら
繰返すこと数十回、なんとか形にはなってきた。

しかし、ハンドルを右に切って回ろうとする時、体重を左にかけてしまい上手く回る
ことが出来ないようで直ぐに足を付いてしまう。

猛特訓は来週も続きそうだが、私の体力が持つだろうか...。?